模試

2022/10/11

PLENUSの6年生は、2学期に3種類の模試を

受験します。

四谷大塚の合不合判定テストは、4年生からY

Tのテストを受け続けている彼らにとって「メ

イングランド」であり、このテストで得た数値

が志望校選定の材料になります。

その他に、日能研模試、首都圏模試も受験しま

す。この二つは、いわば「他流試合」で、それ

までとは異なる経験を積んでいくことになりま

す。この3模試はすべて1万人以上の受験生を

集めていて、PLENUSを通して申し込みができ

ます。

先日受けた日能研模試の感想を聞いてみました。

・問題形式や用紙の長さが違う。

・休憩時間が多い。

・問題の出し方が独特だ。

・まわりの受験生が日能研生だらけ。

・となりの受験生と同じ科目を受ける。

・時事問題や記述問題が多い。

今までにはない貴重な経験になったのではな

いかと思います。

「実践力」を養うためには、やはりある程度

は「場数」を踏む必要があります。

また、問題を解く過程で見つかった自分のウ

ィークポイントのフィードバックもしっかり

としなければなりません。

偏差値で自分の立ち位置を認識することや、

志望校の合格率を知るだけでなく、模試を活

用して「学力」を伸ばしてほしいものです。

point_katen_man

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

https://www.plenus.org/blog/7414.html/trackback