時代

2022/08/24

「ゴロって、何ですか?」。

国語の授業で物語文の解説をしている時のこ

とです。他の塾生にも聞いてみると、大半が

「ゴロ」のことを知りませんでした。

中学入試の国語の問題に「野球」を題材とし

た物語が使われることが、けっこうあります。

問題に向かう時に野球についての知識がない

と内容を十分に把握できません。

たとえば「4番バッター」。

チームの攻撃の要となる選手ですが、だから

こそ背負う苦悩やプライドは、「4番」の意

味がわからないと理解することができないで

しょう。

私が小学生の時代は、テレビでは必ず野球中

継(特にジャイアンツの試合)をしていまし

たし、少年の多くが、学校の休み時間などを

ふくめ、野球に触れていました。

かくいう私もどっぷりと野球につかっていて、

江夏投手に憧れてピッチャーをしていました。

今の小学生にとって、野球は日常生活の中に

ないものです。そのため、野球用語を知らな

いのは当たり前で仕方ないことですが、もと

「野球少年」としては、さびしい限りです。

baseball_goro

 

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

https://www.plenus.org/blog/7377.html/trackback