巣鴨中・堀内校長のことば

2021/01/30

今朝(1月30日)の朝日新聞の「校長から受験

生へ」というコラムに、巣鴨中の堀内校長の話

が掲載されていました。

その中で堀内先生は、

「入学した学校が一番いい学校で、その価値を

作りだせるのは自分自身である」

「氾濫する情報から確かなことを切り取るため

に、思考を重ねる必要がある」

「ここぞの時にいかせる力を養うためには、試

行錯誤をしながら自分自身で考え抜く経験をし

ていくことが大切だ」

というようなことをおっしゃっています。

まったくその通りで、さすが堀内先生だと感じ

ました。

以前、このブログで書いた、巣鴨中学3年生で

「ウルリッヒ型先天性筋ジストロフィ」という

難病でうまれつき筋肉の力が弱いW君が入学す

るにあたって、同校を訪ね校長室で堀内先生と

お会いしたことがあります。

その際に、受験や教育についてお話しさせてい

ただきましたが、先生のお話しにおおいに共感

しました。

記事を載せますのでご覧になってください。

※写真をクリックすると記事が大きくなります。

IMG_0189

 

 

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

https://www.plenus.org/blog/6666.html/trackback