模試

2020/12/08

12月6日に四谷大塚の6年生最後の「合不合判定

テスト」が終わりました。

PLENUSでは、このテストの成績を重要な受験校

選びの指標としています。

そこで出た偏差値と、PLENUSでする各テストの

成績や日頃の学習の取り組み、そしてこれまでの

プロセスをもとに、受験校選択のアドバイスを行

っています。そのアドバイスを確かなものとする

根拠は31年分のPLENUSのデータの蓄積です。

今年の4月にあった第1回の合不合判定テストは

緊急事態宣言発令中だったため、「自宅受験」と

なりました。

7月の第2回テストからようやく会場受験となり

ましたが、会場を提供してくれる学校が少なく、

各模試とも会場の確保にはずいぶん苦労したよう

です。

自分の学力の客観的な位置を知るために欠かせな

い模試ですが、「テスト会場」で得られる様々な

経験が、彼らの成長にはとても重要です。

12月13日の首都圏模試、12月20日の日能研模試

にもPLENUS生はチャレンジします。

よい経験を積み、自信を深めてほしいですね。

12

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

https://www.plenus.org/blog/6602.html/trackback