香蘭女学校中

2018/06/07

香蘭では、毎朝、生徒が講堂に集まり、お祈りをしてから

一日が始まりますが、塾対象の説明会も同様にスタートし

ました。

IMG_0539

 

立教と同じ宗派ですが、立教はアメリカ、香蘭はイギリス

の教会が作った学校で、今年で設立130周年をむかえます。

中高一貫校のメリットを活かして、高3生が中1生の面倒

をみる「ビッグシスター制度」が設けられて、伝統が継承

されています。

教科では特に英語に力を入れていて、他の立教の付属校生

よりも立教大学に進学した後は、TOEICや英検等のスコア

がよい、ということを強調していました。

その英語力と国際感覚を磨くために、中長期の「国際交流」

のプログラムを用意するとともに、華道や茶道等の日本の

「伝統文化」を学ぶ機会も大切にしています。

募集人数は160名ですが、43名×4クラス=172名を学校運

営の基本としていて、そのうち80名が立教大学に推薦で入

学し、約20名が他大学への推薦入学、残りの約70名が他大

学を受験します。2018年は早稲田大学に6名、慶應大学に2

名が入学し、卒業生168名中、浪人はわずか8名でした。

一人一人の希望を尊重し、多様な選択をサポートしていく

のが同校の進路指導の基本方針です。

IMG_0536

同校はこれまで2月1日に1回のみ試験で、面接があり、

合格発表は翌日というスタイルをとってきましたが、

これは超難関校以外では唯一です。

そのため、第一志望者が多いというのが特徴で、大半が入

試結果に満足して入学します。入学後は、そのような生徒

たちに接しながら、穏やかで統制のとれた自由な校風のも

と、多感な中高6年間をのびのびと過ごしていきます。

2015年には390名だった応募者が、2016年に308名、2017

年に317名と減少。しかし2018年入試では、付属校人気も

あって一転して404名と大きく増加しました。

ここ数年の状況を考慮して、ついに香蘭も、2019年入試

から「2次試験」を実施することにしました。

2月1日の定員は160名⇨100名になり面接を廃止。合格

発表は当日の夜に行います。

そして2月2日に新たに60名を募集。

なんだか普通の学校のようで「香蘭」らしくないですね。

ただ、入学金の払込締切がそれぞれの試験の「翌日」で

ある点に、香蘭のプライドを感じます。

東急池上線・大井町線の旗の台駅から徒歩5分。

都心に近い立地にしては緑の多いキャンパスです。

以前は二子玉川で乗り換えが必要でしたが、今は旗の

台から溝ノ口まで直行なので、溝ノ口、登戸と2回乗

り換えて玉川学園前までちょうど1時間。

一考の価値がある学校です。

IMG_0537

 

コメント(2)

コメント2件

  1. ビーチクリーンお疲れ様でした。
    時々、ブログを拝見させていただいております。
    男子校しか見てこなかった我が家にとって、
    女子校、共学、中高一貫は未知の世界でしたが、
    こうして、先生が詳細にレポートしてくださると、
    フムフム・・・と勉強になります。
    また、色々なタイプの学校のことを理解することによって、
    周りの状況がよくわかり、
    これからの学校選びの判断材料になると思います。
    これからも、ブログを覗きに来まーす。

    コメント by tonさん — 2009/06/24
  2. パソコン上のコメントの承認の手続きに時間がかかり返信が遅くなってしまいました。私なりの感想を加えながら、これからも学校紹介のレポートをしていきます。他にもその都度いろいろと書いてみたいと思いますので、ぜひお読みになってください。

    コメント by PLENUS — 2009/06/25