伸びる子

2020/07/30

早実に在籍する中3生のIさんから連絡があり、

「卒業研究」の課題をサポートしてほしいとの

ことだったので、早速に会いインタビューにこ

たえました。

彼女のテーマは「伸びる子の特徴」。

私の中に「伸びる子」のスタイルのイメージが

いくつもありますので、それを伝えました。

話しながら、Iさんの中学受験時代の話に花が咲

きました。

Iさんは小学生時代に早実を訪問して図書館に惹

かれ、比較的はやい時期から早実を志望校とし

て心にえがいていました。

気持ちはポジティブで学習には積極的に向かう

のですが、早飲み込みのところがあって「読み

落とし」や「勘違い」が多く、よい時とそうで

はない時との差が大きく、なかなか成績が安定

しませんでした。

6年生の2学期になって受験を身近に感じるこ

とで集中力が高まったことや、個別指導を担当

したスタッフとの相性がよかったこともあって

歯車がかみあいはじめ、最後の合不合でチャン

スをつかみました。

過去問題もよく解けて自信がつき、見事に合格!

早実女子の定員は40名で、受験者の大半は「第

一志望」という日本屈指の狭き門です。

偏差値70あっても簡単に合格できませんが、成

功したもう一つの要因は、併願校の神大附属を

大いに気に入っていたことです。そのため心置

きなくチャレンジでき、自己の最大限の力を出

すことができました。

「しっかりとした併願校選び」は、志望校合格

のための大変重要なポイントです。

今は空手部に属していて、早実での生活を満喫

しています。志望校選びの頃は受験校の方がい

いのではないかと思っていたお母さんも、早実

に入学して大満足とのことです。

早実は高校になると、帰国生の他、スポーツや

芸術分野で非常に優れた成果をだしている人材

が集まってくるので、互いに刺激しあいながら

自分の能力を高めていってほしいと思います。

IMG_3211 (2)

 

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

http://www.plenus.org/blog/6447.html/trackback