PLENUS文庫と中学入試

2020/05/10

今年の中学入試でもPLENUS文庫にある本か

らたくさん出題されました。

その中で、昨年、PLENUS通信で紹介した本

は次の通りです。

「ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルー」

ブレイディみかこ著(新潮社)

→日本女子大附属中で出題

「海とジイ」藤岡陽子著(小学館)

→横浜雙葉中・立教池袋中で出題

「徳治郎とボク」花形みつる著(理論社)

→春日部共栄中で出題

「駒音高く」佐川光晴著(実業之日本社)

→芝中・開智中で出題

PLENUS文庫は、塾生や保護者の方なら誰で

も借りられます。

卒業生が借りに来ることもちょくちょくあります。

千数百冊ありますが、そのすべてを、私が読んだ

うえで置いてあります。

そのうえ、私は塾生一人一人の国語の読解力を理

解していますので、彼らの「どんな本を読むとい

いのか」というリクエストにこたえることができ

ます。

また、本の内容を紹介した記事が300以上ファイ

ルされていますので、読みたい本を探す際に有効

です。

それまであまり本を読まなかった塾生が読書に目

覚めていく例が、PLENUSでは多くあります。

塾生どうして、読んだ本の情報を交換しあうのも

よく見かけます。

今は授業はお休みですが、PLENUS文庫は貸

し出しできるので、ぜひ利用してくださいね。

IMG_2775

 

 

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

https://www.plenus.org/blog/6337.html/trackback