2月5日

2019/02/05

受験日程の後半には、毎年、「複数合格したうちど

の学校に行くべきか」という相談がかなりあります。

今年も昨日で5件、そして今日の午前中にも1件あ

り、本人・ご両親とお会いして様々な話しをしてい

ます。

一度は不合格だった第一志望校。その後、別の学

校に合格して進学するつもりになっていた後に第

一志望校に合格し、すぐに気持ちのきりかえがで

きないケース。

あるいは、すでに第一志望校と考えていた学校に

合格した後、他の学校を受験して合格し、その学

校に「縁」を感じて悩みはじめるケース。

もともと第一志望校と考えていた学校が複数あり、

両方合格した後に決断をしようとするケース。

どれも「うれしい悩み」ではありますね。

それぞれの相談に、ある時は客観的な学校の側面

の話しをして判断を親子に委ねる場合もあれば、

この学校に行った方がいいと方向を示す場合もあ

ります。

一人一人の学力や個性、そして合格にたどりつく

までのプロセスと今の心情を考慮したうえで、私

なりに対応しています。

PLENUSの場合は、受験校を選定するうえで、

すでに十分な検討がなされているので、どちらの

学校を選んでも、間違った判断になることはあり

ませんのでご心配なく。

IMG_1176

 

 

 

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

http://www.plenus.org/blog/5766.html/trackback