日本女子大附属中

2019/05/18

「森の中の学校」を謳うだけあって、住宅地から

一歩校門をくぐると、そこは 鳥のさえずりに囲ま

れた別世界となります。

IMG_1630

のびのびとした環境の中で、「自ら考え自ら学ぶ

人」を育てることを目標とし、「調べ学習」を通

して「書く力」や「プレゼンテーション能力」の

育成に力を入れています。

中学生はセーラー服を着用しますが、高校生は私

服です。

IMG_1634

小学校から大学までの一貫教育校ですが、中学・

高校・大学それぞれからの入学者がいるのが特徴

で、高校の卒業生の80%前後はそのまま日本女

子大学に進みます。

昨今は、他大学への進学を希望する生徒が増えて

きました。日本女子大学にない学部学科を受験す

る場合は他大学を受験しても日本女子大学の推薦

を受けられるのは魅力的です。

他大学に入学する生徒の多くはAOや推薦入試を

活用します。学校側は希望者に対して小論文等の

選択科目や作文指導、模擬面接等で対策を行って

います。

IMG_1636

2019年は374名が卒業しましたが、日本女子大学

に進学したのが278名(74%)で、東京大学をは

じめとした国立大学に5名、早慶上智27名を含む

私立大学に58名が進学しました。

今年度の主な改革は2つ。

一つ目は校長を中高それぞれにおくことです。

中学生は中学生らしく、高校生は高校生らしく

過ごせるように、新しいかたちでの中高一貫教

育を目指していきます。

そしてもう一つが、入学試験の合格発表を翌日

から当日の21時30分に変更することです。

他校との併願をしやすくすることで、受験生の

ニーズにこたえていこうというねらいです。

IMG_1639

2019年入試で、PLENUS生は7名が受験して全

員が合格。そのうち3名が第一志望で入学しまし

た。

現在は中2に4名、中3に1名、高1に1名、

高2に4名、高3に2名と15名が在籍。PLENU

S生は「一大勢力」となっています。

授業を見学していると、本女独特の教育である

「ヴァイオリン」の授業を受けているMさんに

遭遇。もともと活発なMさんはミュージカル部

に属していて、学校が楽しくて仕方がないよう

です。

IMG_1644

10年間「女子校」という環境に不安を覚える人も

いますが、大学では他大学のサークルや部活に参

加し、アフタースクールは「共学校」と同じよう

な暮らしをする人も多いようです。

のびのびとした環境で、本来の中高生活を満喫し

豊かな人間性を育むことができるのは、同校なら

ではの特長ではないでしょうか。

 

 

 

 

コメント(0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

このエントリーのトラックバック

http://www.plenus.org/blog/453.html/trackback